助手席側フロントスピーカー設置

早速、フロントスピーカー設置に挑戦しました。当初、座席前横、フロントフェンダー内側を切り抜いてと考えたんですが、フラットな部分があまりない上、フレームと干渉する可能性が高いこと、また運転席側に至ってはラジオアンテナステーもあるため無理と判断しました。 ボディーに設置できないとなるとボックスが必要になります。2個作るのも面倒ですので、助手席側は純正スピーカーボックスを再利用しました。元々、東芝の6インチフルレンジスピーカーが付いていたものですが、4インチスピーカー用に穴を開け直しました。オリジナルのグリル穴がスピーカー下に少し出てしまっていますが、このスピーカーボックス自体、密閉されていませんので気にせず使用することにします。実際、音を出してみましたが音量、音質共に満足しています。スピーカー線は、一度カーペット、コンソールをはずして、運転席側含めてきれいに取り回しました。 運転席側フロントは箱を作らないといけないので、後日。とりあえず、線をつないで、運転の邪魔にならないところにスピーカーの磁力を利用して貼り付けておきました。 rfront_speaker

フロントスピーカー検討

レストア作業に合わせてツイーターを含め4個のスピーカーを座席後方に設置しましたが、コンバーチブルだけあって、せっかくの Rockford スピーカーも走行中は音量をかなり大きくしないとよく聞こえません。もっともコンバーチブルだけが理由ではなく、日本でしたら決して車検を通らないであろう触媒なしマフラーが原因の一つでもあるんですが。

レシーバーは安いものながら、ご多忙に漏れず前後スピーカー対応ですので、試しに Rockford Punch P142 をつないでみました。元々、この P142 を座席後方に付けるつもりだったんですが、小さすぎるのと、万が一グリルが付属していないためトップと干渉した際の影響を考えて P152 に替えた経緯があります。不良在庫と言ってもいいため有効に利用したくテストしてみましたが、エンクロージャーなしでも効果は絶大です。実際の設置場所が決まりませんが、配線だけでも準備して、近い将来設置したいと思います。ずっと考えるだけで実行しなかった6スピーカー化のモチベーションがようやく上がりました。

fspeaker_test