MIG 溶接機購入

先々のことを考えて、中古の MIG 溶接機一式を購入しました。claigslist 経由の個人取引ですが、中古とは言え、カート、アルゴンガスタンク、ヘルメットなどすべて揃っていて、すぐに使える上、あまり使われていない美品を格安で手に入れることができました。

高圧電流を使用しますし、ワイヤーの送り部分など、安い中国製はどうしても購入したくないなか、良く名前の知られたリンカーン製品を購入することができて良かったです。当初、取り扱いの簡単さを考えて 120V の製品を探していましたが、結局手に入れたのは、230V 仕様の容量が大きい物になりました。個人としてはこれ以上のものは必要ないというレベルのものを手に入れることができました。

mig180c

ガソリンタンク改良

キャブレターから EFI エンジンへの載せ替えのために外付けの燃料ポンプを使用していますが、動作音がうるさい上に、ガソリンが減ってきたときに横Gが強くかかるとガス欠状態になるのが気になっています。

対策としてよく知られているのが、昔のシビック、インテグラのタンク内蔵燃料ポンプとガソリンタンク内の sump を使用する方法です。自分でできるかどうかわかりませんが、claigslist 経由で格安でシビックのガソリンタンク一式を手に入れました。

gastank1

タンク内をしっかりと洗浄したあと、ポンプ取付部分を切り取り、内部の sump を取り出しました。ここまでは簡単ですが、これを SRL のタンクにどう移植するか、溶接、あるいはその他の方法、悩むところです。
gastank2