電動ファンコントローラー

12月にラジエターファンをサーモスタットでコントロールするための作業をしましたが、仕上げをしました。と言っても、写真のように手動スイッチをフードノブ横に穴をあけて取り付けただけです。

fansw

 

 

サーモスタット本体は、12月の作業時にラジエター横に取り付けておきました。これでオーバークール状態は解消できそうですが、エンジンが少しでも暖まってくれば、エンジンに対してぎりぎりサイズの小さなラジエターですので、ファンは常に回転しているだろうと思います。

fantherm

空燃計取り付け、その3

引き続き、空燃計の取り付けです。純正のナローバンドO2センサーを外して、Bosch 製のワイドバンド O2 センサーをエキマニに取り付けました。ステアリングロッドがすぐ横にあるので、オフセットのついた O2 センサー用レンチを使用しました。

o2

 

続いてセンサーモジュールにゲージ信号線、電源をつなぎました。ネガティブ側は、念のため、近くでボディーアースに落としてあります。

plxwired

 

電源をアクセサリラインにつないでエンジン始動。かなりリッチかと思えば、予想に反して、アイドリング時、理想空燃比です。エンジンを回すとどうなるかわかりませんが、これならばわざわざ ECU の補正のためにフィードバックをかける必要もなさそうです。ECU へのフィードバックラインを引き回しましたが、とりあえず接続保留。エンジンを高回転まで回した結果で決めることにします。

afgauge

空燃計取り付け、その2

PLX Device の空燃計センサーモジュールを運転席、前横に取り付けました。手元にあったアルミ板を切断機で切り、折り曲げ、センサーモジュールの溝にはめ込み固定しました。O2 センサーケーブルをエンジンルームから引き回したところで、雨が降りそうでしたので、今日は終了しました。メーターへの配線と電源をつなぎ、O2センサーをエキマニに取り付ければ、とりあえず ECU へのフィードバックなしですが、空燃計を使えるようになります。

plxafm

空燃計取り付け、その1

現在、SRL は、O2 センサーのフィードバックを使わず、いやゆるリッチな空燃比でエンジンを回しています。フィードバックを使いつつ空燃比をモニターするために、ワイドバンド O2 センサーと、空燃計を取り付けることにしました。空燃計は、他のメーター同様、Speedhut の PLX Device AFR 用のものです。

まだまだ、SRL を運転するには寒いですが、今日は少しだけ気温が上がったので、空燃計をコンソール下、油温計の横に取り付けました。滅多にみるものではないので、この位置で問題ありません。O2 センサー、ならびにワイドバンドモジュールの取り付けはもう少し暖かくなって、運転できるようになってからになります。空燃計の動作確認後、ECU へのナローバンドフィードバックをかける予定です。

afgauge

RT Abby Martin

Russia Today キャスターが番組の終わりにアドリブで痛烈な自国批判。痛快であり、実にかっこいいです。
日本のマスコミにも見習って欲しい。
今の日本のマスコミ、いったいどこの国のマスコミなんだかって思うことばっかり。

Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S

リリースされてから結構経ちましたが、やっと手に入れました。

Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S、サイレントタイプです。
押し下げ圧は、Professional 2 同様 45グラムですが、ダンパーを入れることによりノイズを低減しました。ダンパーを入れたためと思われますが、ストロークが 0.2mm 短くなり、オリジナル Happy Hacking Keyboard と同じ 3.8mm になりました。

日本国内購入で約3万円プラス送料ですので、Professional 2 より高く付きますが、静かな上、ストロークが短くなり、さらに速くタイピングできると思います。

それにしても久しぶりのキーボード購入でした。最近、全然コレクション増えていません。

hhk_s

今年最後の車いじり

先週月曜日からのクリスマス休暇もいよいよ今日で終わり。昨日、今日と少し暖かかったので(と言っても、10℃にも満たないです)、今年最後の車いじり。

ラジエターファンは、電動ファンにしてあるんですが、ラジエター容量が小さいこともあって、常にオンの状態。サーモスタットが開く前から無駄に回していますので、ファンの寿命を縮める上、気温の低い日にはオーバークールになりかねません。レーシングカーのような正確なコントロールは不要ながら、ある程度水温が上がってからファンを回すように、電動ファンコントローラーを取り付けることにしました。

選んだのは、HAYDEN の Economy Adjustable Thermostatic Fan Control と言う製品。サーモスタットが安価なラジエターに差し込むタイプですので、正確な温度制御は無理そうですが、簡単な構造なので壊れにくいと思い選びました。値段も非常に安価です。同じような製品が別のブランドで、ほぼ倍の値段で売っていたのも後押しになりました。

今日はこれをファン制御用のリレーラインに割り込ませ、手動でいつでも車内からオンにできるようにするラインを引き回しました。エンジンが簡単に暖まりそうもないので、サーモスタットをオン状態にし、動作を確認して作業終了。作業終了してすぐにカバーをかけてしまったので、インストール後の写真は後日にでも。

fanctrl

地下室コンピュータアップグレード

鉄道模型工作主体の趣味部屋、地下室専用コンピュータをアップグレードしました。と言っても、余剰になった Mac Mini Server を地下室専用にしただけですが。それでも、HDD 1台を 256GB の SSD に交換してありますので、普通に使用する分には十分なパワー、スピードがあり、Photoshop も快適に使えます。このブログエントリーも地下室で、暖房をつけながら書いています。ちなみに地下室、冬は寒いですよ〜

これまで地下室で使用していた Power PC の Mac Mini はいよいよ引退の時がやってきました。basement_pcupgd

ちょっと早いけど税金申告準備

W2を含め、必要な書類がまだ手元に届いていないけど、今年度はいつもより早めに処理しようと Turbo Tax を購入しました。たぶん、例年より1ヶ月以上早い購入ですが、住宅ローンの買い換えとかいろいろあって、いつもより面倒な処理が多いので早めに準備することにしました。ソフトウェアをインストールして、アップデートをかけて、去年のファイルから個人情報をインポートしました。でも、ここから先へは W2 が届かないことにはどうしようもありません。

願わくば、今年は支払いがないことを。

tax2013

 

寒くなりました

最高気温が氷点下のいわゆる真冬日が続くようになり、本格的に寒くなってきました。裏庭のメイプルの葉もすっかり落ちて、いっそう寒く感じます。

SRL はバッテリーを切断、写真のようにカバーをかけて冬支度。一ヶ月に一度はエンジンをかけてあげるつもりですが、これから外に出るのもためらうような寒さが続くことになります。

garage_winter